« 208 SALON メガネフレーム vol.22 〜 実は今回で2周年! 興味のある本を3冊持ち寄ちよろうの回 | トップページ | 208 SPECIAL 大人ワークショップ「電子工作トロ肉」 »

メンバーからのお知らせ

アサダワタル(大和川レコード)「12月は展示とトークとライブと…」

横浜から関西に戻ってまいりました。12月は大阪はgallery月夜と少年での展覧会「overture」そして、鰻谷suisuiでの未知数なサミットイベント、そして築港ARCのトーク司会に、京都カフェことばのはおとでのパフォーマンスなど。ああ、今年ももう終わり。息つぐ暇もありやせん。

08/12/1(月) - 08/12/6(土)@gallery月夜と少年 大阪 【overture】

(以下、会場サイトよりテキスト引用)
これまでに集まったきてくれたアーティスト達のうち約20名のアーティストに参加してもらい、ポートフォリオを集めた展覧会を開催致します。[overture (オーバーチュア:音楽用語で序曲の意)]と題したこの展覧会、これから、このギャラリーがどのように進んで行くのかが垣間みえるものになるのではないかと思います。

参加アーティスト:
青地大輔, 安部貴住, 池田穂州, イルボン, 岩瀬ゆか, 遠藤誠明, 大久保淳子, 奥平アンリ, 川瀬大樹, 榊和也, 白石貴士, 鈴木啓文, 高野裕子, 谷口良, nhon nguyen, 野田香奈子, 村上大樹, 西絢香, ヤツオヒロミ, 矢野ミチル, 大和川レコード

会場詳細は
gallery月夜と少年→http://mumble-mumble.com/tsukiyo/schedule.html
--------------------------------------------------------------------------
08/12/13(土) @築港ARC 大阪 start 18:00 1000円
ARCトークコンピレーション#021
「けんちくに学ぶ、日常の面白さの、見つけ方と伝え方」

毎月企画と司会を担当しているトークサロン。ゲストは、建築家 吉永健一さん。「おもしろくないものなどない。おもしろくない見方があるだけだ。」京都の町屋を今までとは違った方向から捉えた「キョート*ダンメンロシュツ」や団地のよさと再活用を促す「プロジェクトD」などなど。吉永さんは、建築家の視点から自在に日常を面白く切り取っていきます。デザイン性を重視するだけではなく、住んでいる人が本当に幸せになれる建築。新しいものだけではなく、古いものの良さにも気づく視点を提供する建築。そう、吉永さんは「築く」だけではなく、「気づき」も私たちに与えてくれるのです。

出演:
吉永健一(建築家 / 吉永建築デザインスタジオ代表)
1967年大阪府生まれ。ユニークな発想と良質な建築デザインで、ひとびとのなにげない日常を身の丈よりちょっぴり背伸びしたスペシャルな毎日に変える建築家。代表作は「ヨシナガ自邸」「Common Cafe」。また、建築とまちの魅力を世に知らしめるためリサーチやイベント企画、TV出演などの活動も行う。代表的なものは京町家を“別の角度から”観察する「キョート*ダンメンロシュツ」、建築本出版プロジェクト「けんちくの手帖」、団地の魅力を啓蒙するチーム「Project D」と「salon de 2DK」、テレビ番組NHK「熱中時間」やKBS京都「谷口な夜」へのゲスト出演など。
http://www.ne.jp/asahi/yos/studio/(事務所ホームページ)
http://www.ne.jp/asahi/yos/studio/danmen (キョート*ダンメンロシュツ)
http://www.ne.jp/asahi/yos/studio/anote (けんちくの手帖)
http://codan.blog120.fc2.com/ (プロジェクトD)
http://redanchi.exblog.jp/(60年代に建てられた団地をSOHOに! )
http://www.ne.jp/asahi/yos/studio/sokumen(団地側面写真)

--------------------------------------------------------------------------
08/12/19(金) @鰻谷sunsui 大阪 時間料金詳細未定
raster-noton. x 「 哲学の間 〜 時空 」

(以下、会場サイトよりテキスト引用)
12月19日、ドイツより、アーティストを招き、今まで、燦粋に携わって頂きました、アーティスト、ミュージシャンetc...の方々、そして、未だ見ぬ、たくさんのアーティストの方々にお集まり頂き、さながら、アーティスト・サミットにでもなり、ジャンルを問わず、交流して頂き、大阪でのビッグ・バンに繋がればと思います。

現在決定の参加アーティスト :
潤 inoue / 筆谷亮也 / 西尾早苗 / 三家総一郎 /alva noto ( carsten nicolai )
byetone ( olaf bender )/ snd ( mat steel + mark fell ) /pixel / nibo
竹田俊吾 / 辺口芳典 / 寺西紀光 / match point / 飯川雄大 / 魚住勇太 / 内田京介 / 藤田ツキト
谷内一光 / 中村晃大 / コタケマン / 田川朋子(SEN) / サカイヒロト(WI'RE) / 北川克也(スリープデザイン)
三木雄介 / 擬態美術協会(GITAI ART UNION) / 大和川レコード / 米子 匡司
miraco / カワシマン / HISSAN / Kei ( AFNICA ) / hum / MMGSK / アチャコグットマン / AZU ( A.S.P )
鳥山 弘美 / 吉野 奈津子 / 高橋 元太 / 寺脇 扶美 / 蛇目
ひょん / k.nishimura / 奥田エイメイ / Kurry / CHOCOLATE PENCIL
ONORyu(NON企画)/ Kazuha(NON企画)/ OTACCIMAN des PLIME(NON企画) /Baby RO(NON企画)
terama(NON企画)/ Flat.Peace.Chair(NON企画) / 山中淳子 / ノダマキコ
(順不同)
追加アーティストは、随時発表致します。

チケットの一般発売は100枚限定となります。ご予約は TEL (06)6243-3641 info@sunsui.net までお願いします。

会場詳細は
sunsui→http://www.andsshop.com/

--------------------------------------------------------------------------
08/12/28(日) @カフェ ことばのはおと 京都 夕方ごろから7時ごろまで 料金未定
車内距離12月「平日の夜。街の灯」(12月最終日)

「車内距離」とは、ヤマモトミノさん(絵) と平野雄一さん(文章)の2人の作家さんが、
2007年から制作してこられた作品「車内距離」を2008年春より1年間かけて、12店舗にて展示しているプロジェクト。1ヶ月1テーマ、展示場所を環状線のように移動しながら京都市内をぐるりと一周。毎月展示作品は変わっていきます。今回は、年内最後の「車内距離」の会場、“ことばのはおと”さんにて、最終日のパーティーに大和川レコードがお招きいただきました。僕にとっても、いまのところ、年内最後のパフォーマンスになりそうです。詳細はまた後日公開いたします

企画詳細は
車内距離→http://d.hatena.ne.jp/in_a_train/20080408

会場詳細は
ことばのはおと→http://www.kotobanohaoto.net./


投稿者 アサダワタル(大和川レコード) (2008年11月17日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?