« 208 SALON 「ザ・ヘルス vol.7 〜 スパイシー&ホット!生姜シップに最良の日」 | トップページ | 208 SALON こなわく vol.7 ~ ジューシーなシューマイも簡単かんたん »

208のイベント

明日はメガネフレーム、オレ的に言うならアニメの中の絵画性について

情報誌「OPPi」にも載ってる京橋の古本屋・メガネヤがお届けする月に1度のアニメーションレクチャーパーティー「メガネフレーム」。メガネヤ店主の市川ヨウヘイ氏が毎回珠玉のアニメマスターピースをセレクト、あなたの知らない「アニメの見方」を伝授しちゃいます。今回がアニメーションとマンガの中の“光”について!

081128_megafure.jpg

208 SALON
メガネフレーム vol.23

「かんなぎ」のオープニングがよく出来てるもんで、つい…。

この秋の新番組は誰が何を言おうと「かんなぎ」です。なにしろオープニングがおもしろい!!動きとかでなくてですね、「光」の表現の使い方が本当に興味深いです。
実は、特にこの数年、一部のアニメ作品の中で「光」をどう表現するかが試行錯誤されています。そして技術的な進歩が着実に進んできています。僕は、これは作り手が「光」でリアリティーを表現する以上に、何か「光」で観客に伝わるものがあると考えているからじゃないか?と思って見ています。
二次元の世界に「光」を入れるとどうなるのか?「光」で伝えたいことってなんなのか? 最近のアニメだけでなく、マンガや映画からも共通点が感じられる作品があるので昔の作品から一度整理してみるつもりで、前半は久々の講義スタイルで頑張ってみようかと思います。
百聞は一見にしかずです!一度足を運んでみてください。

開催日:2008年11月28日(金)
時 間:19:00 〜(一部終了予定 23:00)
参加費:1,000円(1 drink+ポップコーン つき)
    ※お食事・お夜食も別途ご用意しています。
定 員:10名(要予約)

《解説予定作品》
・劇場版「エースをねらえ」
・かんなぎ OP&1話
・秒速5センチメートル 1話
・魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 1話 ほか

投稿者 岩淵拓郎 (2008年11月20日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2008年11月28日 04:10
本日はメガネフレーム、俺なりに言えばアニメの中に絵画的な「それ」 from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
本日は19:00からメガネフレームです。 208 SALON メガネフレーム v... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?