« アサダワタル 8/31(土) 築港ARCにてトークサロン開催 | トップページ | 208 SALON 「メガネフレーム vol.11 〜 夏のエヴァマラソン 」 »

208のイベント

208 SHOWCASE #032 「ウラから見た新世界アーツパーク、その5年」

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は7月まで新世界フェスティバルゲートを舞台に展開されていた新世界アーツパーク事業について、同事務局チーフのスミトモコさんにお越しいただきお話をおうかがいします。大阪市とのアレコレからあのNPOのウラ話まで完全報告! ここでしか聞けないもうひとつのフェスティバルゲートの話をぜひご期待ください。

bye bye festivalgate

208 SHOWCASE #027
「ウラから見た新世界アーツパーク、その5年」
スミトモコ(新世界アーツパーク事業事務局チーフ)


日 時:8月25日(土)18:00〜(トークは19:00〜)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタつき)
定 員:15名
申込み:こちらのフォームよりお願いします。

※今回は内容によりフェスティバルゲート関係者の方(自己申告制)はご参加いただけません。あらかじめご了承ください。

《概 要》
ダンス、音楽、メディアアート、コミュニティアートの4つのNPOが活躍したフェスティバルゲートでの「新世界アーツパーク」。フェスゲもまだ閉鎖になってないし、アーツパークも移転するんだったら「新世界」とちゃうやんな状態だけど、とりあえず一旦節目を迎えた、はず。個性キツすぎの関係者たちと、フェスゲ破綻などをはじめとするさまざまな事情が重なりまきおこった事件は数知れず。そんな「アート長家」の5年間を語ります。

《スミトモコ PROFILE》
マイムダンスカンパニー『上海太郎舞踏公司』在籍中は、制作と演出助手を兼務。退団後フリーランスの制作者として、他団体の公演や行政の文化事業をサポート。2002年より大阪市『新世界アーツパーク』事業事務局チーフ。経営破綻した都市型遊園地フェスティバルゲートの空き店舗を活用し展開するこの事業に立ち上げから携わり、参画する4つのアートNPOの後方支援を担当している。

投稿者 岩淵拓郎 (2007年08月15日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2010年03月20日 01:06
慈憲一さんより活動終了へのメッセージ from 208 南森町
208 SHOWCASE #032 「ウラから見た新世界アーツパーク、その5年」にご出演いただいたスミトモコさんより活... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?