« 208 SALON 金いっきょんの「マジカルラブカルチャー研究会」vol.3 | トップページ | 208 NewsMail vol.064 »

208のイベント

208 SHOWCASE #058 八広HIGHTI 「廃工場住居兼オープンスペースの実践 from 東京。〜住み開きの視点も絡めて〜」(仮称)

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は東京都墨田区にある荒川沿いの工場街にて、吹きさらしの廃工場を住居に改装して、4年前から様々なパーティーやイベントを行いつづけているスペース『八広HIGHTI』のメンバーの矢代諭史さん、相川勝さん、中野恵一さんをお迎えします。8月のSHOWCASE#057でも取り上げた「住み開き」という視点も絡めながら、それぞれの個人活動についてのお話も語って頂きます。当日は相川さんによるペルー料理も振る舞われます!是非、お越しください。

highti00.jpg

208 SHOWCASE #058
八広HIGHTI 「廃工場住居兼オープンスペースの実践 from 東京。〜住み開きの視点も絡めて〜」(仮称)


東京都墨田区にある荒川沿いの工場街にて、吹きさらしの廃工場を住居に改装して、4年前から様々なパーティーやイベントを行いつづけているスペース『八広HIGHTI』。現在4名の住人のうち3名 矢代諭史さん、相川勝さん、中野恵一さんを迎え、相川さんによるペルー料理を囲んで、東京での住み開きの実践について、それぞれの活動について語っていただきます。また聞き役には、大阪の安治川沿いにて空き倉庫を活用した住居兼オープンスペース『FLOAT』を運営されている音楽家の米子匡司さんをお迎えします。

日 時:10月18日(日)18:00~(トークは19:00~)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタ)
定 員:15名(要予約)

《八広HIGHTI メンバー プロフィール》

矢代諭史
1981 年生まれ。2003 年より自走するウーハーや自作の装置による展示や演奏を始め、同時期より東京墨田区の『八広HIGHTI』に住みはじめ、パーティーの運営などを行う。ドラムと動くウーハーのユニット『Motallica』などの活動も行っている。
http://www.ss846.com/

相川勝
1978 年生まれ。日本在中。ペルー共和国で生まれ、幼い時期を同地にて過ごす。2004年多摩美術大学メディア芸術学科卒業。在学中より日本国内で、「複製」と「身体」をテーマにした作品を発表している。現在は「複製芸術」、「著作権/違法コピー問題」に興味を持ち、それをテーマに作品を制作している。
http://masaruaikawa.com/

中野恵一
『2UP』、『Motallica』のドラマー。矢代諭史とのデュオ『Motallica』では様々なスタイルで即興演奏を行い、墨田区にある八広HIGHTIで自主企画を行うほか、2008年には横浜トリエンナーレへの参加など、様々なアーティストと競演している。
http://www.myspace.com/2up




投稿者 アサダワタル(大和川レコード) (2009年10月30日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2009年10月14日 21:40
今月のSHOWCASEは東西廃墟ライフ頂上決戦(仮称) from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
今週日曜日は208 SHOWCASE。今回は安治川FLOATの米子君持ち込み企画... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?