« 208 SALON ザ・ヘルス vol.10 〜 アロマティックがとまらない | トップページ | スミトモコさん「クリエイティブ・カフェ12@扇町を開催」 »

208のイベント

208 SHOWCASE #052 Salon de 2DK「団地の物語を覚えているものは幸せである。 心豊かであろうから。〜初心者のための団地講座」

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は三度のメシより団地LOVE、関西団地シーンを牽引する団地マニアユニット「Salon de 2DK 」のお2人をお招きして、団地の魅力についてお話しいただきます。

showcase052.JPG

208 SHOWCASE #052
Salon de 2DK
「団地の物語を覚えているものは幸せである。心豊かであろうから。〜初心者のための団地講座」


団地の魅力にとりつかれた建築家 吉永健一と、関西団地界の生き字引 辻野憲一による関西団地トークユニット「Salon de 2DK」。トークショーへの出演、メディアへの取材協力、団地ツアーの開催、団地バーの運営、ダンパク〜大団地博覧会の企画、URや行政への団地活性化提言などで関西団地界を牽引する。ミッションは『団地をブームから文化へ』。夢は千里ニュータウンを世界遺産にすること。

日 時:4月29日(祝・昭和の日)19:00〜(トークは20:00〜)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタ)
定 員:15名(要予約)
ゲスト:Salon de 2DK = 吉永健一(建築家)・辻野憲一(団体職員)
申込み:こちらのフォームよりお願いします。

《ゲスト プロフィール》
吉永健一(写真右)
団地の魅力にとりつかれた建築家。吉永建築デザインスタジオ主宰。2006年に団地のリフォームを手がけ、最初の担当物件は団地の建て替えと団地との縁は深い。ホームページ「団地側面写真」、ブログ「60年代に建てられた団地をSOHOに!」を運営。好きな団地は仁川団地。

辻野憲一(写真左)
関西団地界の生き字引。団地BAR主宰。2004年市街地住宅との出会いに衝撃を受ける。2005年スターハウスと初対面。『団地のおもしろさ』を全国に広めることを心に誓う。その後、関西インディーズバンド業界で『公団君』として暗躍。現在、公団住宅2軒目である面開発市街地住宅在住。団地ホームページ「市街地住宅K.K」を運営。好きな団地は阪南団地

●関係ホームページ
Salon de 2DK  http://salon2dk.blogspot.com/
プロジェクトD  http://codan.blog120.fc2.com/
60年代に建てられた団地をSOHOに! http://redanchi.exblog.jp/
団地側面写真 http://www.ne.jp/asahi/yos/studio/sokumen/
市街地住宅K.K  http://www.danchibar.com/

投稿者 岩淵拓郎 (2009年04月29日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2009年04月16日 04:36
4月の208南森町 from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
4月の208スケジュールでました。今月はなんとなく全体的に春っぽい装いでw まず... [続きを読む]

2009年04月24日 04:36
4/29(昭和の日)は団地マニアックス! from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
例えば団地写真というのはだいたいの場合わかりやすくノスタルジーだったりするわけで... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?