« 208 SALON メガネフレーム vol.26 〜 僕はAKIRAのTシャツなんて着ませんww | トップページ | アサダワタル(大和川レコード)「築港ARCでトークイベント」 »

208のイベント

208 SHOWCASE #051 北夙川不可止「配所の月を詠む歌人」

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は歌人の“伯爵”こと北夙川不可止さん。口髭をたくわえ片眼鏡をかけた姿は、恰も大正浪漫の作家がタイムスリップしてきたよう。紆余曲折、現在に至るまでのエピソードや、企画を担当された南海摩登博覧会についてうかがいます。

showcase51.jpg

208 SHOWCASE #051
北夙川不可止「配所の月を詠む歌人」

日 時:3月28日(土)19:00〜(トークは20:00〜)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタ)
定 員:15名(要予約)
ゲスト:北夙川不可止(歌人/コラムニスト)
申込み:こちらのフォームよりお願いします。

《北夙川不可止 プロフィール》
きたしゅくがわ・ふかし 歌人・コラムニスト
1964年生まれの生粋の阪神間人。美少年をこよなく愛する耽美派のゲイ。同志社大学在学中から「朝日ジャーナル」の通信員となり、ライター活動を開始する。1994年、冤罪により下獄。最高裁まで争うも雪冤できず。拘置所で3年、刑務所で2年、計5年を獄中に過ごす。1994年1月、拘置所にて無聊を慰めるため、短歌を始める。5月には初投稿で朝日歌壇に入選。夏には歌壇随一の名門結社、今は亡き「アララギ」に入会。仮釈放後はライター・コラムニスト・歌人とマルチに活動。現在、「あまから手帖」に写真コラム「『食と建築』クロニクル」を連載するほか、エルマガムックなどに寄稿。「甲麓庵歌會」、文芸同人誌「銀聲」を主宰。短歌結社は故・塚本邦雄の「玲瓏」に移籍。社団法人現代風俗研究会、関西性欲学会に所属するアマチュア研究者でもあり、そこにおける共著として「性の用語集」(講談社現代新書)がある。バロック音楽にも造詣が深く、日本テレマン協会のエグゼクティブアドヴァイザーを務め、トークライブやネットラジオを担当している。今世紀に入ってから、和歌山市の活性化にも取り組み、登録有形文化財「西本ビルヂング」を拠点にNPO団体「銀聲舎」を結成。昨年はアートイベント「南海摩登博覧会」を総合プロデュースした。2009年度よりNHK文化センター講師。

投稿者 山本知歩 (2009年03月28日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (3)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2009年03月12日 02:57
T0C_D7y3EY27[6606B�A205908B�18N8B from 同志社大学
今日は最近の個人的に話題の同志社大学について語ります。私の周りでは同志社大学につ... [続きを読む]

2009年03月27日 03:59
208 SHOWCASE #051 北夙川不可止「配所の月を詠む歌人」 from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
今週末は208 SHOWCASE。今回のゲストはもの凄く説明しにくいけどもの凄く... [続きを読む]

2009年03月27日 03:59
208 SHOWCASE #051 北夙川不可止「配所の月を詠む歌人」 from 岩淵拓郎「日々嘉綴 総合(ひびかて そうごう)」
今週末は208 SHOWCASE。今回のゲストはもの凄く説明しにくいけどもの凄く... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?