« 関西アーツブロガーミーティング vol.2 @ 築港ARC | トップページ | 208 SALON 「next animation !」 »

208のイベント

208 SHOWCASE #041「笹谷遼平『昭和聖地巡礼』秘宝館、その知られざる胎内へ」

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は、秘宝館を愛でるだけではなく、それを取材してドキュメンタリーDVDまで作ってしまった秘宝館研究家、笹谷遼平さんをゲストにお迎えします。

失われつつある昭和の遺産、秘宝館。かつて賑わいはもうなく、絶滅の危機にもさらされている彼の地を、二年の歳月をかけを渡り歩き、綿密な取材のもと、ドキュメンタリーを制作した笹谷さん。彼のこころをかきたてたものは何なのか? そしてその制作過程に遭遇する様々な困難とは? 25分バージョンのドキュメンタリー映像とともに、貴重な裏話満載でお届けする今回のショーケース、あなたのこころのマル珍スポットを直撃します!

hihokan_maido.jpg


208 SHOWCASE #041
「笹谷遼平『昭和聖地巡礼』秘宝館、その知られざる胎内へ」


日 時:6月21日(土)19:00~(トークは20:00~)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタ)
定 員:15名(要予約)
ゲスト:笹谷遼平(映像作家)
申込み:こちらのフォームよりお願いします。

《ゲスト PROFILE》
笹谷遼平  ささたにりょうへい
京都生まれ京都育ち。幼いころから野球を愛する。しかし年を重ねるごとに自分の野球センスの無さを痛感。徐々に肉体を軽蔑。映画の世界に逃げるように駆け込んだ。高校時代はもっぱらビデオ屋との往復。高校時代の好きな作品はパトリス・ルコント監督作品。そして人生を揺るがす名著、『珍日本紀行』に出会い、成人したら秘宝館に行くことを決意。映画制作に明け暮れる大学生活を経て、20歳の誕生日の二週間後に熱海秘宝館へ。秘宝館という非日常空間の虜に。その2ヵ月後、元祖国際秘宝館へ。秘宝館の真髄を体験し、大きくなったら秘宝館のドキュメンタリー映画を作ることを夢見るようになる。しかし秘宝館は18歳から入れることを知り落胆。くすぶっていた日々を清算するため、すぐさま秘宝館ドキュメンタリー企画に着手。そして2007年夏、ドキュメンタリーDVD『昭和聖地巡礼』が完成。各地でトークショーなどを展開。
ウェブサイト:ササタニーチェ http://www.sasatani-chez.com/

投稿者 田中課長 (2008年06月21日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?