« shuffle208 #024 岩淵拓郎+山本知歩 | トップページ | shuffle208 #025 山本知歩+宮脇一嘉 »

208のイベント

208 SHOWCASE #016 荒木瑞穂(書道中)

2006/2/25(土)
208 SHOWCASE #016
「リアルであること♀、シンボリックであること♂
 書(かく)とは一体いかなるアートなのか? 」
プレゼンテーター:荒木瑞穂(書道中)

時 間:PM7:00〜10:00
参加費:1,000円(1 drink+今月のパスタつき)
定 員:10名
申込み:受付終了しました

<概要>
・東洋美術の精髄、「書」はどのように芸術なのか?
・マクルーハン理論の奥義「メディアはマッサージだ」ということを毛筆を弄びながら明かします。
・フリードリヒ・キットラーの大著「グラモフォン・フィルム・タイプライター」もバッチリ。
・BGMに氏携帯のiPod(2/18現在29.7GB使用 7552曲収録)をシャッフル。ほとんど秘宝館?

<荒木瑞穂 PROFILE>
1968年大阪府堺市生まれ。京都大学哲学科卒。在学中より俳優を主とし演劇活動に関る。後、演劇という枠が外れパフォーマンス、インスタレーション制作、ブルースマン等をする。主な作品として、全国各地の飛び出し注意の子供の看板を撮影、切り取りギャラリー壁面に放った「空地」('96)小学校プールに筏を浮べ、その上で円卓会議を開催した「サミット」('98)('00)ブルースバンド「闇屋」等がある。1999年から書を石川九楊に師事し、目下習字中。

 

今回はゲストの古くからの友人の河上さん@BitFloodが聞き役をつとめたこともあって、とても和やかなshowcaseとなりました。荒木さんの書道に置ける「リアル」の解釈がとても印象的でした。

荒木さん、どうもありがとうございました。また遊びにきてください。
そして来てくれた皆さん、ありがとうございました。

投稿者 (2006年02月11日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事に対するトラックバック

2006年08月20日 21:32
◆幻の近江高島虎斑石硯 、滋賀県伝統工芸品 from ◆ 近江の歴史と文化と人物 【スサノヲの滋賀学】 Shiga Blog
◆幻の近江高島虎斑石硯 、滋賀県伝統工芸品現在は鉱脈が途絶えた、残り僅かしかない硯だそうだ。職人も福井正男氏ただ一人となり、幻の硯となるという。地図はこち... [続きを読む]

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?