« 208 NewsMail vol.011 | トップページ | 208 NewsMail vol.012 »

208のイベント

208 SHOWCASE #011 小島剛(音楽家/大阪アーツアポリア)

2005/5/21(土)
208 SHOWCASE #011
「大阪アーツアポリアとその周辺」
プレゼンテーター:小島剛(音楽家/大阪アーツアポリア)

時 間:PM7:00〜10:00
参加費:1,000円(1 drink+今月のパスタつき)
定 員:10名
申込み:受付終了しました

<解説>
毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。今回は大阪南港のアートスペース「赤レンガ倉庫」を運営するNPO・大阪アートアーツアポリアの音楽部門ディレクターであり、またご自身も音楽家として活動されている小島剛さんにお越しいただきます。大阪のアートNPO事情ほか、ちょっと取っつきにくい現代音楽の世界についてもお話しいただこうと思っていますので、お時間のある方はぜひお越し下さい。

<小島 剛 プロフィール>
音楽家、NPO法人大阪アーツアポリア副理事。大学在学中よりドラマーとして活動。その後サンプラーの購入をきっかけに、95年ごろよりコンピュータを使った音楽活動を開始。現在まで、国内外の様々なフェスティバルやイベントでライブ活動をおこなっている。近年ではマルチチャンネルを用いた立体的な音響世界を作ることに執心。一方、ドラムの活動も本格的に再開し、ビッグバンドのドラマーとしても活動を行いはじめた。また01年からNPO法人大阪アーツアポリアに所属。サウンドアートプログラムのディレクターを務め、築港赤レンガ倉庫を使って、音をミュージシャン主導によるものから、場主導の音づくりをテーマにした企画展やコンサートを企画。これまで、鈴木昭男展-アナラポスフィア-(2003)、WRK展-field of WRK-(2004)などのサウンドインスタレーション展、リュック・フェラーリ、千野秀一、大谷安宏、などを迎えたマルチチャンネルシリーズ、音と他メディアの対戦型サウンドパフォーマンス企画である近未来系築港赤レンガ倉庫シリーズ(2001-2005)などを企画。2005年4月:大阪市内で自動車運転中に67歳の老人をはねる。

・大阪アーツアポリア
http://www.arts-center.gr.jp/

投稿者 岩淵拓郎 (2005年05月07日) | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?